インコだらけの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 闘病中

<<   作成日時 : 2010/02/22 22:26   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

 こんな話はあまりしたくないのだが、書かねばならない。我が家の古株鳥であるズ―@ズアカハネナガインコが闘病中なのである。昨年9月くらいに突然くしゃみが頻発し、慌てて鳥専門の獣医さんに連れて行った。診断の結果、呼吸器疾患で肺の硬化が進んでいる、とのことだった。以来、週一くらいで通院し、投薬治療中なのだが約半年たった今でも、状況は好転していない。写真のとおり、薬のストレスからか胸部の羽根も抜いてしまった。専属の先生によれば、手術をすれば好転する可能性があるが日本で手術例がなく、仮にしても成功率は極めて低い。注射やネブライザー・投薬で症状の進行を緩和しているが、長生きは難しいだろう、と仰られた。正直、ショックだった・・・そして自分の至らなさを痛感した。なぜなら、ズ―はくしゃみを発症する前に、飛ぶと息切れをする兆行があったからだ。てっきり運動不足だとタカをくくっていたのが間違いで、せめてあの段階で病院に連れていけば根治する可能性もあったのではないか、と。
 それでもズ―はいつも私に愛想を振りまいてくれる。彼女に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。できる限り長く生きられるように、私は手段を尽くすつもりである。


 
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
ドウバネ、ウロコ、コザクラを飼っています。
飼育暦は長く、色々な病気とも闘ってきました。
ある子は治療法がないと言われたのですが
セカンドオピニオンということで
他の病院に行ったところ、治療ができ
今も元気で暮らしています。
人間もそういうことがあるように
可能ならお考えになってはいかがですか?
だめもとと思えば、もし朗報があれば、
どうでしょうか。
ミッチ
2010/04/09 07:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
闘病中 インコだらけの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる